お知らせ
●平成25年度事業はクリックください。

●訪問相談を行っています。
宮城県出身者による訪問で、久しぶりに方言でお話し下さい。訪問を希望される方はTEL048-729-6151までご連絡ください。無料です。

●交流会を開催します。詳細はクリック
宮城県から埼玉県、東京・神奈川県内に避難されている東日本大震災被災者の現在の避難生活の問題点や課題について、交流会を実施します。
住宅問題、コミュニティ・つながり不足「初めて宮城被災者とお会いした」等が課題として浮き彫りになってきました。
そこで、楽しく交流する場として9月「食事交流会」、11月住宅問題交流会等を企画しました。
初めての方も大歓迎です。ぜひご参加ください。
日時 平成28年9月24日(土)12:00−15:00埼玉NPOハウス
日時 平成28年11月15日(火)13:00−15:00港区エコプラザ
【無料:支援品販売募金より充当】
内容 郷土料理メニュー作成から参加者で決めて下さい。
日進親和会にお願いして「ほや」の入手準備中です。
ご参加希望の方は、準備の都合がありますので電話又は参加フォーム等でご連絡ください。
食事交流会にはフードバンク埼玉様より無償提供を受けました義援品(ジュース等の食品)も活用します。


●平成25年度アンケートを回収して、中間集計結果を公表しています。

事業目的
宮城県から首都圏に避難している宮城県民への帰還の促進、自立促進、生活支援、孤立防止、支援ニーズの把握及び情報提供のため戸別訪問、交流会・交流サロンを実施し、被災者に「生きる希望」いのちのサポートを行う。被災者団体、被災者と避難先市民との協働団体、大学・弁護士・宅建主任士等の専門家及び市民団体・NPOの新しいコミュニティづくりを行う。

メーリングリスト(地域SNSの一環として設置)

平成25年5月15日から運用中です。ぜひご参加ください。メールアドレスを入力後を「参加」をクリックすると参加できます。参加者のみ、投稿・閲覧できます。
平成27年度実施事業
1) 平成25年度要望・アンケートへの返信情報を精査して、支援物資の無料配布に合わせて戸別訪問の受け入れの可否を問う簡単なアンケートを、350世帯(平成25年実施時に受け入れ拒否世帯を除く)に対して行う。 その後、交流会・交流サロン等の案内を100世帯×3回程度行う。
2) 戸別訪問の実施。宮城県外避難者、支援者及び専門家のチーム(2人から3人)による戸別訪問を事業期間中20回程度行い、聞き取り、情報提供、県への報告を行う。さらに交流会・交流サロン・専門家相談会への参加促進を図る。 ※本事業で他団体が戸別訪問を計画して、重複する場合は宮城県で地域等を調整してほしい。(いろんなところからアンケート等が多すぎるとの指摘を受けています)
3) 交流会・交流サロンの実施。 交流会:埼玉県さいたま市、東松山市、都内の支援拠点、交流拠点、弁護士事務所及び避難所(以下「交流拠点等」という)で事業期間中3回程度行い、相談、情報交換、交流、まけないぞう(タオルを使ったマスコット)制作、起業インターンシップを行う。
専門家相談会:交流拠点等で弁護士・宅建主任士・建築士等による専門的な個別相談を事業期間中1回程度行う。
交流イベント:大宮日進七夕まつり2日間、NPOまつり(代々木公園)2日間に参加して、宮城県からの出展者に協力した和太鼓ワークショップ、物産展、宮城食品の販売(さんま・ホタテ焼き、はま汁、牛タン焼等)や交流会へのかかわりを深める。
第3回協働型災害訓練in杉戸(主催 杉戸町・富岡町・川内村地域間共助推進協議会)2日間に参加して、首都圏災害に備える避難所設営、ワークショップを体験する。


事業主体
〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進町2丁目544番地1
埼玉NPOハウス
特定非営利活動法人災害支援団体ネットワーク
TEL048-729-6151 FAX048-729-6152
info@citycabinet.npgo.net


事業期間
平成27年6月1日から平成28年2月28日

要望・アンケート(左上に結果をUpしてあります)
要望・アンケートフォーム
★要望・アンケート用紙(pdf)ダウンロード

仙台・宮城観光PR
キャラクター むすび丸
(承認番号27074)

リンク
要望・アンケート集計結果
要望・アンケートコメント
イベント参加フォーム
宮城県避難者メーリングリスト
市民キャビネット災害支援部会/災害支援団体ネットワーク
NPO法人NPO埼玉ネット
E-MAIL
平成27年度宮城県「みやぎ地域復興支援」
(県外避難者支援)